札響バイオリニストと仲間たち



 12月9日 (金) 雪


1998年より札幌交響楽団のコンサートマスター(女性就任は初)

であるバイオリニストの大平まゆみさんとチェロやヴィオラ、ハープ奏者による

演奏を聴きに


聴きなじみのある、モーツアルトやバッハ、ビバルディや映画音楽など

誰もが知ってる曲をアンコール含め13曲くらい演奏されました

女性4人のカルテットは特にステキで、最近は弦楽器の音色に

心癒されています


ハープの音色はライブで初めて聴きましたがとても優雅でした

大平まゆみさんはサンフランシスコに17年ほど音楽院で講師を勤められた

経験もお持ちで、語り口調もとても穏やかで優しい感じです。

演奏はとても情熱的で、音楽をこよなく愛する伝道師でした

自分の一番大切なもの伝えていく素晴らしさもステキな音楽とともに

心に響いたいい時間でした



クリスマスにおすすめのオトナっぽい一枚

これはクラッシッックではありませんが









mami-run * 芸術 * 19:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ