<< 大阪激走記♪ | main | 2018 東京マラソン >>

大阪激走記 2

 

 

 On Your Mark 12時10分 号砲!

 

始まった!通算34本目のフルマラソン。競技場を2周半して大阪の街へ。

 

長居公園内の沿道にはたくさんの方がいらして見送ってくださいます♪

 

おととしは、初参加ということもあり、全然余裕がなくて・・。・・・

 

今回はしっかり街を見て楽しんで走ろう!って思ってました。

 

頑張ってきた練習のおかげで走り始めはオーバーペースになることもなく、落ち着いてました。呼吸も楽。

 

若干の脚の重さは想定内。寒いからまわりはかなり高速。

 

自分の呼吸とペースを確認しながらこれから始まる3時間の旅。どんな自分に会えるのかワクワク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5k  21:40

 

 

なかなかよい!ロスタイムを引いても悪くないペースです。汗も出ず、水もとらない。まだ身体はあたたまらない。

 

動きもなんとなくよくない感じ。でも無理やり走ってる感もない。このままらく〜にね。

 

 

 

10k   43:00  (21:20)

 

 

10キロまでの距離が、いつもよりわりと速く感じたかも。不安を感じていないので、おそらく無心。

 

ただ呼吸に合わせて足を運ぶ。

 

ゼネラルの水とポカリを一口ずつ。シャキンとする。冷たいから口の中で少しあたためてからゆっくり飲み込む 。

 

12kあたり、元キャラサラメンバーで現在関西在住のまるちゃんが沿道にあらわる!ニコッ

 

まだまだ元気!笑顔いっぱいの応援でさらに元気をもらう。ありがと。

 

 

 

15k   1:04:05  (21:38)

 

 

少し上りがあった。前半なのでさほど感じてはいなかったけどタイムにはあらわれてますね。

 

ほぼ1人で走ってましたが、5m先に5名ほどの集団が。

 

なかなか差が開かないので、少しスピードをあげて集団の中へ。

 

と思ったら少しずつばらけてしまいました。集団にいた方が楽なのになkyu

 

スペシャルドリンクはここから5kごとに35kの給水ポイントまでの5か所分用意しました。

 

メダリストの粉末を溶かしたものを入れたボトルにピットインを張り付けておきました。

 

少し補給。朝食からスタートまでもゼリーをとっていたのでエネルギーはまだ十分に。

 

残りはポケットに。

 

 

20k   1:26:25 (21:47)

 

ハーフ   1:31:02

 

 

 

ゼッケン番号は直近2年の持ちタイム順につけられています。

 

100番台の選手も近くにはいたので速すぎた?とも思いましたが

 

いつもとさほど変わらないハーフまでのタイム。

 

トップで走る、松田選手、前田選手、安藤選手とギリギリすれ違う。

 

その後には吉田香織選手や小 まり選手も続く。

 

札幌の参加選手ともエールをかわしテンションあがる。

 

おととしは見逃した道頓堀のグリコの看板、しっかりみえました。

 

もう少しこのくらいの呼吸のままで速く走りたいというのが本音ゆう★

 

楽にハーフを30分切りできたらいいなと欲もあり。

 

本番はまだまだこれから。どれだけ失速せずに最後まで走れるか・・。

 

どこまで粘れるのか。

 

 

 

25k   1:47:33 (21:08)

 

 

道頓堀、御堂筋通り。折り返し地点。

 

通りには高級ブランド店が入ったビルが立ち並ぶ。

 

そして沿道もすごい人。

 

身体があったまってきたのか、沿道におされたのか

 

なぜかここの5キロラップ、速い・・。

 

これくらいのスピードで42kを走れたらベスト更新なんですが

 

まだ17kもありますよー。とばしすぎ?

 

大きな道路をひた走る。楽しい。

 

 

30k   2:08:57 (21:24)

 

 

なんか雪が舞ってる雪だるま・・。寒いはず。

 

いよいよここから!マラソンはここからが勝負。

 

寒くてもまだ身体動いてくれてる。道産子力発揮!手

 

大丈夫!できるよ私!走れるよ自分!

 

今回はこの日のためにキツいスピード練習も頑張った。

 

酸欠で途中頭がボーっとしてふらつきながらも走りとおした練習もあった。

 

追い込んでハムストの張りが続いた足を無理やり動かした時もあった。

 

そんな時間が試される時。

 

少しづつでも積み重ねてきた練習を信じて走る。

 

 

35k   2:30:32 (21:35)

 

 

頑張ってる!♪ここまで21分台保ってる矢印上

 

最後のスペシャルドリンクをとる。ここはアクエリアスを水で

 

少しうすめたものとグリコのBCAAゼリー。

 

胃の吸収力が弱ってると思われるので薄めのものを用意しました。

 

あまり汗も出ていないし、呼吸もさほど苦しくなくきてるので

 

ゼリーはとらない。寒いのでいつもより水分もとってなかったはずですが

 

なんだかお腹がいっぱいな感じアセアセ

 

足はだんだん重くなり、頑張って運ぶようになってきて

 

呼吸も少しずつ上がってる。

 

それでも、失速している選手達をけっこう抜きました。

 

キャラサラメンバーみんなの顔を1人ずつ思い浮かべて

 

背中をおしてもらう。

 

残り3キロ、吸収されない水分で内臓が揺れてるのか

 

少し吐気が・・。ガーンネコ

 

顔も下を向きがちであげられなくなってきたところに

 

再びまるちゃん登場!きらきら

 

顔をあげることができ、酸素が入ってきた感じ。

 

ありがとう!すっごく助かったよ。ここからまた頑張る力をもらいましたニコッ

 

 

40k 2:52:18 (21:46)

 

 

もうあと少し。ここまできたのだからあとは気力のみ。

 

この辺は沿道の応援もすごいので何度もゆるめたくなる気持ちをふりきって

 

ラスト1k。長居公園に戻ってきました!

 

公園内はさらにすごい!ずっと大きな声で応援が続いてます。

 

もう緩められない。お尻からハムまでのダルさをこらえて、

 

残り、競技場に入ればあとは300mちょっと。

 

夏のトラックでの練習を思い出してゴールに飛び込むのみ。

 

ゲートをくぐって競技場に入るとすぐに時計が見えました時計

 

 

3:00:29

 

 

なんだか惜しい!と思ったのと、瞬時に計算できた自分にびっくり(笑)

 

このまま行けば3時間2分はきれる!切りたい!

 

ホームストレート、なりふり構わずとにかく走った。

 

ゴールをきった瞬間一歩も動けない。吐きそう・・沈

 

「立ち止まらないでくださーい」と言われても・・ゆう★

 

3時間1分台だったよね?

 

ボランティアの方が支えてくださり、なんとか歩きだす。

 

感無量。ジワジワとこみあげてきました悲しス。

 

よかったー。練習と結果が比例した!

 

足はひどい状態だったけど嬉しい気持ちが勝ってますきらきら

 

 

ゴール  3:01:40 (9:22)

 

頑張った!ピース

 

 

↓アップの時に撮ったものですカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごくすごく疲れたけど、挑戦できてよかったゆう★

 

たくさんの応援と大会関係者に超感謝ですハート

 

控室に戻って着替えTシャツ

 

動くたびに足がつりそうDocomo_kao8

 

上位選手のインタビューが行われていて

 

解説陣の増田明美さん、高橋尚子さんや千葉真子さん勢ぞろい。

 

もう少し余韻に浸りたい気持ちを遮断し帰路についたのでした飛行機

 

無事に帰宅。弾丸ツアーが終わって早々ですが

 

25日は東京マラソンに参加します手

 

今は大阪の疲労抜きをして、当日までうまく調整していきたいと

 

思ってます。

 

長い長い奮戦記読んでくださりありがとうございますお願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mami-run * 国際レース * 05:34 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

30k以降の激走記は涙なしでは読めません。涙腺ウルウル。
仕事中でなければ、決壊しています(笑)

「感無量。ジワジワとこみあげてきました。よかったー。練習と結果が比例した!」この一文は胸に突き刺さりますね。

私もこんな練習をして、こんな気持ちになれるようフルに毎回挑戦しています。

よい刺激をいただきました。感謝です。
「すべてを力に」で私も頑張らなきゃ(^^)

東京マラソンもしっかり走ってきてくださいね。応援しています!
Comment by sato @ 2018/02/08 11:23 AM
ありがとうございます(*^^)

satoさんが疑似体験をしているから、経験がシンクロするのでしょうね。今はゴール後によかったと思えるレースがしたいという思いで練習しています。当日無事にスタートラインについて練習のすべてを出し切れたと自分で思えることが次へのスタートにつながります。東京マラソンもできるすべてを出し切りたいです。いつも応援ありがとう!「意志あるところに道は開ける!」いい言葉です。
Comment by mami @ 2018/02/08 9:21 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ